熱帯魚を飼う

熱帯魚は金魚よりも育成が簡単?

熱帯魚は、南米アマゾン、東南アジア、アフリカ、オセアニア地域など、熱帯、温帯地域に生息する魚です。
殆どが淡水ですが、汽水域に生息する種類もおり、その数は多種多様です。
ペットショップなどで見かける「ワイルド個体」と表示されているものは、原産地の池や川で捕獲された物であり、反対に、一般にも良く知られるグッピーは養殖が殆どとなっています。
魚の大きさは、数センチの小型サイズから、数十センチの大型に到るまで数多く存在し、寿命も1年程度の個体がいる反面、大型個体には何年も生きる種類がいます。
熱帯魚の飼育は難しいと考えられがちですが、水温を26度に保ち、換水を定期的に行うだけでも長く生きる事が可能です。
水槽には生物の排泄物も混ざり、それを放置すると酸性へと水質が傾きますが、金魚が中性から弱アルカリ性の水質を好むのに対して、熱帯魚の殆どは中性から弱酸性を好むため、水質維持の観点からは金魚よりも手間を掛ける必要が無く、設備を用意すれば金魚鉢のような小型水槽よりも手間がかからないと言われています。
現在、日本には2千を越える種類の魚が輸入され、その数はドイツに次ぐ2位であり、アクアリウムにおける最先端を走っています。

熱帯魚は手のかからないペットとして大人気

犬や猫は、部屋中を歩き回りますし、フンの処理も大変です。
エサ代も馬鹿になりませんし、何より留守中にはどこかへ預けるなどしなくてはなりません。
それに比べて、熱帯魚は水槽のなかから出ることはありませんし、水温の管理もいまでは自動でできるようになっているので、飼い主が何かをしなくてはならないことも少ないです。
手のかからないペットとしては、熱帯魚の右に出るものはないと言っても過言ではないでしょう。
鳴いたりもしないので、マンション等のペット禁止の場所でも飼うことができます。
とてもカラフルな見た目で、インテリアとしても素晴らしい役割を果たしてくれ、癒しの効果もあるとされています。
費用もそれほど高くありませんから、誰にでも飼い始めることができる点も魅力の一つです。
都会になら熱帯魚専門店も数多く、手軽に購入ができるので最高です。
男性はもちろん、女性にもぴったりで、しかも長く楽しめるのでペットを飼いたいけれど面倒は嫌だという人は一度検討をしてみてはいかがでしょうか。
日本では生息していない珍しい魚を購入して、友人に自慢をすることもできます。
とくに最近多い洋風の部屋には、こうしたペットはまさにぴったりの適正があると言えます。

おすすめWEBサイト 5選

任意売却
パーソナルトレーニング 仙台
まつげエクステなら

2017/11/2 更新

Copyright 2015  熱帯魚を飼う   All Right Reserverd.