熱帯魚を飼う

家庭で熱帯魚飼育を楽しむための心得について

熱帯魚は綺麗な色合いの品種が多く、見栄えが良いことから観賞用として広く普及しています。
近年では家庭用の水槽や周辺設備も販売されているので、誰でも手軽に飼育を楽しむことが可能になっています。
その一方で熱帯魚の習性や設備の使い方について正しい知識を持っていないと長く飼い続けることが出来ないので、必ず事前に詳しく学ぶことが大切です。
熱帯魚の飼育は水温や水質の管理が最も重要なポイントになります。
多くの品種は温暖な環境が原産地なので、家庭で飼育する際はそれぞれの品種に適した環境を再現するように心がけます。
特に水温の管理は専用の設備を適切な方法で使うことが重要なので、説明書をよく読んだうえで慎重に扱うことが大切です。
また、水質の管理については常に清潔な状態を保つ必要があるので、与える餌の量の調節や水槽内に蓄積した排泄物などのゴミの除去が不可欠です。
ペットショップなどで事前に詳しい説明を受け、水質の維持に努めることが家庭でも様々な品種を楽しむための心得になります。

熱帯魚の飼育には多くの知識が必要です

熱帯魚は亜熱帯や温帯地域に生息する魚で、飼育においてはその環境と近い状態へと調節するのが1番ですが、自然の池や川と同様には出来ないため、一般的には26℃の水温、弱酸性の水質で飼育されています。
熱帯魚の種類は豊富で、日本には約2千種類が輸入されており、ネオンテトラやグッピーのような小型から、アロワナやエンドリケリーのような大型まで多種多用です。
魚の大きさ、性質、例えば動き回るか否かで水槽の大きさが変わり、そのサイズにあったフィルターをセットします。
温度と水質を調整し、1日かけて水あわせを行います。
初めて水槽を立ち上げた場合には、水が出来上がるまで1週間の猶予が必要で、確認に為にパイロットフィッシュを投入する場合もあります。
魚を水槽に入れた後は、こまめに水の状態を確認し、週に1度、換水を行って状態を維持しますが、投入した水草やライトの照射時間にも気を配ることで、苔や藻の発生にも気づきやすくなります。
また、苔を食べるエビや貝類を投入し、水槽内を健やかに保つ方法もあります。

Last update:2016/11/2

Copyright 2015  熱帯魚を飼う   All Right Reserverd.