熱帯魚を飼う

輸入熱帯魚を飼育する際の心得や社会的なマナーについて

熱帯魚は鮮やかな色彩が特徴で、観賞用として人気があるペットです。
特に海外の品種は形状や配色が個性的なものが多いことから多数輸入されています。
熱帯魚の多くは暖かい地域で生息していることから、水槽で飼育する際の調節に気を配ることが長く飼い続けるための心得です。
また、水質の変化に敏感な品種が多いことから餌の食べ残しや糞などはこまめに取り除き、飼育に適した綺麗な水を補充することも大切です。
輸入熱帯魚はペット専門店で購入するのが一般的ですが、傷やしみなどの不具合が無い健康な個体を選ぶように心がけます。
特に珍しい品種は飼育方法も難しいので、必ず詳しい説明を聞いて専用の設備を充実させてから購入します。
輸入されたペットは屋外に逃がしてしまうと地域の生態系に悪影響を及ぼすことがあるので、購入した後は最期まで飼い続けるのが飼い主の責任です。
屋外への投棄以外にも他者への譲渡も生態系の乱れに繋がる可能性があるので避けることが社会的なマナーになります。

熱帯魚ブームで輸入量が大幅に増加中

熱帯魚は基本的には海外から輸入するものです。
日本には沖縄ぐらいにしかカラフルな熱帯魚は生息していないからです。
オーストラリアをはじめとした、暖かい地域の海域からこうした魚たちはやってきます。
観賞用にとても素晴らしいですから、近年はとくに輸入量が増大しています。
犬や猫と違って、鳴くこともありませんし、噛むこともありません。
トイレの世話もしなくていいですし、多少旅行にでかけることがあっても問題はないのです。
美しいアクアリウムをつくり上げると、インテリアの代わりにもなります。
部屋の雰囲気をおしゃれにするためにも、熱帯魚は便利なペットだと言えます。
基本的には小さいサイズのものが人気ですが、マニアの人は一メートル近いアマゾンの淡水魚をペットとするケースもあります。
ピラルクなどはとても迫力があって、飼っていてもなかなか楽しめます。
男性にはもちろん、近年はこうした魚を愛する女性の姿も増えてきているのが現状です。

最終更新日:2015/11/26

Copyright 2015  熱帯魚を飼う   All Right Reserverd.